50代が真面目にベースメイクについて考えてベースメイクアイテムをレビューしてます。

アラフィフ ベースメイク

パウダーファンデ

江原道 グロスフィルムファンデーションの口コミ

江原道は、今から30年ほど前、好きな女性タレントさんが愛用しているということで、初めて知った化粧品です。

当時から、女優さんだけじゃなくて多くの芸能人に愛用者がいたのですね。

そして、当時は買えなかった私は、40代になって初めて江原道のファンデーションを買って使ってみました。

【当時のトライアルセット】

 

江原道のファンデの特徴は、極端に肌負担が少ないというところです。

ココは、本当に女優さんのために考えられているんだろうなと実感します。

 

江原道 グロスフィルムファンデーションの特徴

  • 肌への密着度が高く、薄く均一にのびて肌と一体化。
  • 肌の内側から発光するような、自然な艶感を演出。
  • こがね色によるカラーコンディショニング効果で、肌の赤みや色ムラ、くすみを補正。
  • 肌色を選ばずになじみ、白浮きしない。
  • ダブル撥水コーティングにより、汗や水に強い。
  • 香料・合成色素・石油系鉱物油・紫外線吸収剤・パラベン・アルコール不使用。
  • 全6色 9g 4,600円(ケース別売り1,200円)SPF30・PA+++

《※メーカーサイトなどからまとめました》

江原道 グロスフィルムファンデーション
created by Rinker

 

江原道 グロスフィルムファンデーションの使用感

ピタッと密着フィット

江原道のパウダーファンデは、以前、”シルキーモイストコンパクト”というのがあって、これがたぶん1作目だと思うんですが、なんとなくイマイチという感じでした。

 

 

薄付きで、”塗った”という感じがあまりしなかったんです。

では、グロスフィルムファンデ―ションは?というと、塗ると、ちゃんと”付いた”ということがわかって、何度か重ねることでカバー力もそこそこあります。

また、薄膜のような感じで肌に密着してくれる感じもいいです。

でも、表面はサラサラです。

左側にあるの手の甲のシミが、少し薄くなるくらいな感じです。

 

質感は品のあるセミマット

”グロス”という言葉から想像するツヤ感はそれほどないです。

仕上がりは、パウダーファンデーションということもあり、ややマットめ

マットな肌は、きちんとした感じがあるから、お仕事などに向いています。

パウダーファンデなので、簡単に「きちんとお化粧しました」という感じを出せるところが良いところです。

艶も、あまりギラギラすると、テカりに見えてしまうこともあるので、抑え気味のマットはやっぱり品がある感じになります。

 

キレイに付く塗り方

どんな風に塗ると一番良いかな?と思って、色々試しました。

パウダーファンデを一番キレイに塗ることができるのが、フェイスパウダーを付ける”パフ”です。

スポンジだと、フロッキー面(毛羽立ったような加工)があるものが良いです。

フワッと仕上がって、不自然さはありません。

パウダーを押し潰すと、ベタっと仕上がってしまうから、普通のスポンジで付けるとしても、なでるくらいの力加減で乗せるといいですね。

 

色:購入色は113

江原道のファンデーションは、いつもは、”013”番を買うことが多いんだけど、今回は、オークル系の”113”番を購入してみました。

私の肌色は、どちらかというとブルべ転びの中間色で、基本”夏”なんですが、”春”でもOKな肌色です。

で、ピンクオークルだとピッタリくると思うんですが、少し黄味のある色がハマると、肌がとてもキレイに見えることがあります。

赤みなどが、よりカバーされるからだと思います。

今回も、その点がうまくいって、少しカバー力があがっている感じがします。

グロスフィルムファンデーションの色見本はこちら↓

江原道 グロスフィルムファンデーションの色

 

使ってみた感想

冒頭でも書いたのですが、江原道のファンデーションを使うと、知っていても驚くくらい、翌日の肌が変わります。

まず、一日目使うと、ファンデの良さで言えば、カバー力があって保湿力があって、と、普通に合格点なんです。

ですが、翌日の肌を見てなんだかオドロキ。

「昨日の疲れは全部取っておきました!」と言ったような肌になってるんです。

しっとりしている、とか、潤っているというような言葉ではしっくり来ない、何か憑き物が落ちたような肌です。

これを見ると、「案外ファンデって肌に負担をかけているんだな」ということがわかるんです。

一般的に、ファンデーションは一日中顔に乗せておくものなので、”それほど肌の負担にはならない”、とされているんです。

ところが、使うものをちゃんと使うと、その嘘はバレてしまうんですね。

50代くらいになると、そうじゃなくても顔に疲れが出てしまったりするようなお年頃になってきます。

だから、無駄な疲れは極力遠慮したい。

江原道のファンデは、使うほどに、ファンデ疲れが解かれていき、肌が美しく見える、そんなファンデーションでもあります。

コチラは、使用前使用後の写真になります。

カバー力はそこそこあるといっていいんじゃないでしょうか。

自分ではソフトマットな仕上がりと感じますが、写真で見ると、頬にツヤも現れているので、グロスフィルム感が出ていていいと思いました。

下地には、透明の日焼け止めしか使っていませんので、ある程度補正やカバー力のある下地なら、もっとカバー力もアップすると思います。

なんといっても、パウダーファンデは、使うのが簡単なので普段使いに超おすすめです♪

 

グロスフィルムファンデーションが合う人

  • パウダーファンデが好きな方
  • Tゾーンなど脂っぽさが気になる部分がある方
  • メイクを簡単に済ませたい方
江原道 グロスフィルムファンデーション
created by Rinker

 

保湿力 カバー力 質感 UVカット効果
マット SPF30・PA+++

-パウダーファンデ

Copyright© アラフィフ ベースメイク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.