くすみのない肌になる

肌のくすみは、知らず知らずのうちに蓄積して、顔を老けてみせます。

肌のくすみってどういうこと?とわからない人は、肌がくすんでいないのかも。

私が自分のくすみに気づいたのは、カラーコントロールの下地を使ったら、肌が明るく、若々しく見えた時です。

くすみとは?

お肌のくすみは、肌の赤みが減って黄色みが増したり、ツヤや透明感がなくなったりといった状態です。

お肌の表面がデコボコしてくることで、肌が暗く見える状態もくすんでいる状態です。

真皮が乳白色で、表皮は半透明です。

それに、表皮に含まれているメラニンや毛細血管を流れる血液などの色が混ざり合って、肌の色として見えています。

くすみの原因は、角質層が厚くなっているとメラニンの影響で肌の色が暗くなります。

また、血行が悪くなってくすんでしまうこともあります

くすみにはタイプがあります

■角質肥厚型

文字通り角質が厚くなっている状態。

肘や膝などが灰色がかってくすんでいる状態といえばわかりやすいでしょう。

ターンオーバーが遅れて行くとこの状態になります。

ピーリング、酵素、スクラブ、ピールオフパック、ふき取り化粧水などで余分な角質を取り除くお手入れが効果的です。

ただ、やりすぎは注意です。

ピーリングには、AHA、リンゴ酸、酵素はパパインなどがお勧めです。

■乾燥型

乾燥によって肌のキメが乱れ、肌の表面にデコボコができていると、光が正反射できずにくすんで見えてしまいます。

乾燥型に有効なお手入れ方法は、保湿することです。

美容液やマスクなどでセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを補給しましょう。

■血行不良型

年齢のせいもいありますが、疲れや睡眠不足等が原因で、血行が悪くなると、顔色が悪くなったり、青黒くくすんだりします。

血行不良型の対策としては、血行をよくするためなので、マッサージや入浴、運動などが効果があります。

今注目を浴びている炭酸を使ったスキンケアも効果的です。

■糖化型

最近話題の糖化によっても肌がくすみます。

茶色っぽい黄ぐすみを感じたら、肌が糖化によりくすんでいるといっていいかもしれません。

効果的なお手入れとしては、抗糖化作用のあるものを摂ることです。

カモミールやどくだみなどが抗糖化作用があると言われています。

また、血糖値を急に上げすぎないような食事を摂るようにすることが大事です。

■メラニン型

紫外線や摩擦などによって、メラニン色素が作られることで、お肌に色ムラができたり、黄みを帯びてきます。

このタイプは、紫外線を浴びないようにするほか、美白ケアが有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です