スキンケア

自分に合ったクレンジング剤を選ぶ。

メイクをして一日経った肌の上には、メイクの他に汗や皮脂、古い角質、空気中の汚れ等が付いています。

これを落とさないで寝たら、お肌に良くないということはわかりますよね。

こういうものが混ざって、刺激物に変わったりもするので、一日の終わりにはメイク落としが必要になります。

ですが、クレンジング剤っていろんな種類があるので、どれを選んだらいいのかなって悩んだことがある人も多いと思います。

 

クレンジング剤は、自分のメイクの濃さに合わせて選ぶ必要があるんですよね。

薄化粧の人が、ウォータープルーフのものまで落とせるクレンジングを選ぶ必要はないし、しっかりメイクをしているのに、クレンジング力の弱いものを使うと、メイクが残ってしまうこともあります。

クレンジングすると、肌の表面にある皮脂膜も洗い流されてしまい、お肌の潤いを保っているものも流れてしまう可能性があります。

なので、適しているクレンジングがどのくらいなのかを知っておく必要があります。

 

使っている人が多いと思われるリキッドファンデーションは、クレンジングクリームや油系ジェル状のクレンジングで落とすことができます

ウォータープルーフのものや油性のエマルジョンファンデなど、少し落としにくいものは、クレンジングオイルや専用のクレンジング剤を使わないと落ちにくくなっています。

ミネラルファンデーションなどはローションタイプで拭き取るものでも落とすことができます。

ミネラルファンデーションなどの、落としやすいタイプのものを使っていても、ポイントメイクがウォータープルーフのものを使っていたりする場合は、ポイントメイクだけを専用のクレンジング剤で落とすようにしたほうがいいですね。

また、形状がリキッドだからこれ、クリームだからこれ・・・といったようには、一概には言えないところもあります。

製品一つ一つが全部同じ作りだとは言えないので、もしクレンジング剤がうまく選べないという方は、ファンデーションとクレンジングは同じブランドで揃えるというのがいいです。

少なくても、自社のファンデーションを落とすことを考えたクレンジングにしていると思うので、きちんと落とすことを言えば、間違いは無いと思います

-スキンケア
-

Copyright© 覚えておくと便利なキレイのウラワザ30選 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.